むちうちの種類について


むちうち,足立区,六町,交通事故,整骨院


むちうち,足立区,六町,交通事故,整骨院


むちうち,足立区,六町,交通事故,整骨院


むちうち,足立区,六町,交通事故,整骨院
むちうち,足立区,六町,交通事故,整骨院


交通事故の後遺症でもっとも怖いのがむちうち症です。むちうち症は衝撃によって首を損傷することを指しますが、損傷にはいくつかのタイプがあります。よく見られるのは、頸椎捻挫、神経根損傷、脊髄損傷、脳脊髄液減少症、バレリュー症候群です。

 

頸椎捻挫

 

まず頸椎捻挫は、衝撃によって首の筋肉や靱帯が損傷したが、脊髄への損傷はないという状態を指します。症状としては首の痛みやだるさ、しびれなどがありますが、知覚や運動能力の低下などの神経症状は特に見られません。むちうちの中では一番軽い症状で、治療は頸部の安定と鎮痛剤の投与が中心となり、ある程度回復すれば運動療法によるリハビリが行われます。痛みがひどい場合は神経ブロックが行われることもあります。頸椎捻挫で後遺症が出ることは少ないですが、もし出た場合は厄介です。基本的に自覚症状しか出ないので、後遺障害の認定がされにくいからです。

 

神経根損傷

 

神経根損傷は、脊髄から出る神経の根元部分である神経根が損傷した状態を指します。身体のほとんどの神経はいったん脊髄に入ってから脳に入るので、首に異常な力がかかると様々な神経の根元部分が損傷する可能性があるのです。運動神経の神経根が損傷した場合は筋萎縮や筋力低下、感覚神経の場合は痛みを感じたり逆に知覚が鈍麻したりします。また反射にも異常が起きます。治療法としては頸椎捻挫とだいたい同じですが、椎間板ヘルニアが起きている場合は手術が行われることもあります。なお頸椎捻挫と違って他覚的な症状が見られるので、後遺障害の認定はされやすくなっています。

 

バレリュー症候群

 

バレリュー症候群は首の損傷による自律神経の異常を指します。めまいや耳鳴り、視力低下、筋肉の硬直などが症状としてあげられますが、いずれも自覚症状で、客観的な検証が難しいのが特徴です。これはバレリュー症候群が一種の自律神経失調症であり、レントゲンやMRIに映るような病変が出ないからです。バレリュー症候群の原因は交感神経が異常興奮することによる身体器官の疲労と考えられており、治療には交感神経節のブロックや抗交感神経薬の投与が行われます。

 

脊髄損傷

 

脊髄損傷は文字通り脊髄内部の神経細胞が破壊された状態を指します。損傷は完全型と不全型の2つに分類され、完全型では運動機能や感覚機能が完全に麻痺してしまいます。むちうち症による頸椎損傷で完全型の場合、首から下が全く動かなくなる可能性が高いという恐ろしい症状です。不全型では神経機能の一部が残り、回復の可能性も若干あります。治療としては手術および運動によるリハビリが行われますが、後遺症が残りやすいのが現状ですし、完全型の場合回復は期待できません。中枢神経の細胞は基本的に再生しないからです。

 

脳脊髄液減少症

 

脳脊髄液減少症は、事故の衝撃によって硬膜が損傷し、髄液が外に漏れ出してしまう疾患です。アメリカではイラク戦争の帰還兵がこの疾患をしばしば発症し、社会問題になりました。脳脊髄液減少症の症状として多いのは頭痛ですが、他に倦怠感、めまい、吐き気などが起きることもあります。脳脊髄液減少症による頭痛は、起立時に痛みがひどくなるのが特徴です。硬膜の傷は安静にしていれば数週間で修復するとされていますが、漏れた髄液は戻らないので症状の回復には1年以上かかることが多いようです。また髄液の漏れが続く場合はブラッドパッチという治療法が行われます。

 

このようにむちうち症と言っても様々なタイプがあり、症状とその深刻度もそれぞれ異なってます。ちなみに脳血腫などの他の損傷でも同じような症状が出ますし、複数のタイプのむち打ち症を同時に発症することもあるので、自分の症状がどのタイプかを本人が判断するのは非常に難しいです。

交通事故のトラブル解決なら法律事務所にご相談ください

むちうち,足立区,六町,交通事故,整骨院


交通事故によるトラブル解決は交通事故専門弁護士におまかせ!
むちうち,足立区,六町,交通事故,整骨院
むちうち,足立区,六町,交通事故,整骨院


LINEからのご予約も可能です!

むちうち,足立区,六町,交通事故,整骨院


むちうち,足立区,六町,交通事故,整骨院
スマートフォンからタッチすると問い合わせできます!