交通事故による主な症例


むちうち,足立区,六町,交通事故,整骨院


むちうち,足立区,六町,交通事故,整骨院


むちうち,足立区,六町,交通事故,整骨院


むちうち,足立区,六町,交通事故,整骨院
むちうち,足立区,六町,交通事故,整骨院


交通事故はいつ、誰がどこで遭遇しても不思議ではない、身近な事故です。

 

日本自動車連盟のまとめた調書によると、平成24年中の交通事故死者数は4,411人でした。
これは、一日に平均すると12.05人が、二時間ごとに一人の割合で日本のどこかで死亡事故が発生しているという計算になります。

 

このような国内の自動車等による死亡事故は、年々減少傾向にありますが、高齢者の交通事故による死亡者数は年々増加の傾向にあります。
また、自動車事故に次いで、自転車乗車中の負傷者数も増加しており、様々な問題を引き起こしています。自転車事故による怪我は脚部などの骨折などの外傷が多く、一般には頭部の損傷は全体の1~2割程度におさまっていますが、未就学児の事故の場合、頭部の損傷が4割を超えています。母親の運転する自転車に同乗するなど、小さな子供を自転車に乗せる場合は、幼児用のヘルメットを着用させることが非常に重要です。

 

代表的な怪我や症状

 

自動車等による交通事故で負う怪我の代表的なものには、むちうち症や打ち身、ねんざや骨折、頭部外傷などの外傷があげられます。
また、事故の直後にはなんともなくても、あとになってから頭痛やめまい、吐き気や耳鳴り、腰痛や関節痛が起こったり、全身の倦怠感に襲われてしまうこともあります。これは事故の衝撃によって関節に歪みが生じたり、筋肉が緊張してしまったことなどに原因があると考えられます。事故の直後はなんともなかったからといって、しばらくしてから現れる腰痛や関節痛、めまいなどの症状を放置していると、時間が経過するほどに改善が困難になってしまう場合もあります。交通事故に遭った首はひどく曲がってしまっていることが多く、時間の経過とともに歪んだまま固まってしまうことから、全身に悪影響を及ぼしてしまうからです。そのため、事故後に少しでも違和感を感じたら、早い段階で病院や整骨院などの適切な医療機関を受診することが大切です。

 

また、交通事故による損傷の中でも、むちうち症が最も多いといわれています。
むちうち症は、通常、からだはシートベルトによって固定されていますが、事故の衝撃によって固定されていない首や頭部が大きく前後にしなってしまうことで起こります。とくに急な追突事故では予想もしない方向から大きな衝撃が加わるため、首の筋肉が緊張して損傷を受けます。むちうちになると、頸椎の骨と骨とのあいだにある関節包や骨周辺の靭帯などを損傷してしまうことなどによって、全身の筋肉や神経のバランスを崩してしまいます。

 

事故が起きてから数時間や翌日になってから首に違和感を感じたり、痛みや頭痛が起きてしまうのが特徴です。次第に腰痛や関節痛、全身の倦怠感や耳鳴りなどの様々な不調を引き起こします。治療には、症状にあった適切な処置を施すことが大切です。基本的には全身の安静が重要になりますが、重症になると入院して薬物療法を施したり、理学療法などの治療法が用いられます。事故の規模が小さかったとしても、体に受けた衝撃は重大なため、甘く見ることなく、適切な処置を受けましょう。
このような不調に対する理想的な施術とは、毎日できる程度のもので、体に負担のかかることが少ない施術です。また、継続することが大切なので、毎日の効果が実感できる施術であることも重要です。負傷した部分だけでなく、全身の回復が期待できる治療を受けましょう。また、骨折の場合も安静にすることが最も重要であるため、改善のためには自分に合った治療施設で適切な処置を受けるようにしましょう。早めに適切な医療機関を受診することで、早い回復が期待されたり、後遺症が残る可能性をできるだけ下げることができます。とくに、事故による損傷の直後は、より高い効果のある施術を受ける事が重要です。

交通事故のトラブル解決なら法律事務所にご相談ください

むちうち,足立区,六町,交通事故,整骨院


交通事故によるトラブル解決は交通事故専門弁護士におまかせ!
むちうち,足立区,六町,交通事故,整骨院
むちうち,足立区,六町,交通事故,整骨院


LINEからのご予約も可能です!

むちうち,足立区,六町,交通事故,整骨院


むちうち,足立区,六町,交通事故,整骨院
スマートフォンからタッチすると問い合わせできます!